エースコック スーパーカップ復刻版 スーパーとんこつラーメン博多味 を食べてみた。


祝スーパーカップ31周年!!


スーパーカップってガッツリ食えておデブな私などには大変ありがたい商品です。

いつ頃からあったんだろって考えたこともなかったのですが、30年前からあったそうです。

私の記憶で鮮明なのは、ロンブーがCMやってた豚キムですね。あれは時代がちょっと下っちゃうんでしょうね。

年が明けて、2019年になっちゃいましたけど、2018年はスーパーカップ30周年だったようで復刻版も販売されていたようです。

今更ではありますけど安売りしてたもので。(笑)

それにしても、30年前のカップ麺のパッケージってずいぶん味気ないというかセンス古いというか…。こんなでしたかね。そうだったんでしょうね。

いわゆるギリショーなデザインなんでしょうね。

お味の方はいかがなものでしょうか。楽しみです。

498kcalとほぼ500kcalです。

スーパーカップの名に恥じないガッツリボリューム系ですね。

開封してみます。


粉末スープにかやくにとんこつラーメンには必須の調味油です。

中身は今時の商品と大差ない気がします。

とんこつラーメンに調味油っていつ頃からなんでしょうかね。

麺はごく普通の麺です。そこに粉末スープとかやくを入れます。

うっすらと紅ショウガが見えます。

とんこつに紅ショウガいいですよね。別袋後のせなら更に良かったですけど贅沢は言わないでおきましょう。

寒い冬だから~♪ 調味油を温めつつ3分待ちます。

待ち時間はお好みでOKだと思います。

いただきます。


何となく懐かしい香りです。

紅ショウガちらほらがいい感じです。

特に目立った具もなく、チープな感じがすごくいいです。

ぱっと見で一番目立つ具はナルトだったりします。気取らなくていいですよね。

それではいただきます。

うん。普通においしいです。

30年前も現在も、変わらぬベタな博多風とんこつカップ麺です。

基準となる味と言っていいと思います。

調味油が程よくオイリーで、程よく獣臭さを演出してくれます。

復刻版と言わず、現在でも通用する味です。

ただし、お値段はコンビニ価格で150円前後が妥当でしょうか。

30年前からカップラーメンは今と変わらず充分においしかったと実感できました。

マイナーチェンジは繰り返しているのでしょうが、エースコックのスーパーカップシリーズがロングセラーとなっている理由もよくわかるお味でした。

おいしかった&懐かしかった?気がします。

ごちそうさまでした。

底辺住男のおススメ度☆☆☆☆ 懐古趣味の方はぜひ。お値段も安かったりするので、(私は88円で買いました。)コスパも含めて高評価です。30年前にこれだけおいしかったんなら、逆に進歩してなくない?って疑問も感じてしまうおいしさでした。

底辺住男

馬鹿です。低学歴です。 社会の底辺ゆえに、不平不満を漏らすことで傷ついた自尊心を満たします。 腹が減ったら飯を喰らいます。 低知能ゆえに、本能に支配される低俗な動物です。 それでも死ぬまでのあいだは生きているようです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)