エースコック スーパーカップ 大盛りブタキム油そば を食べてみた。


エースコックといえば豚キムです。


最近激辛ブームが起こっちゃってるんでしょうか。

巷にはやたらと激辛商品が陳列されております。

エースコックの豚キムや、湖池屋のカラムーチョなどを初めて食べた時は衝撃でした。

今思えば、第一次激辛ブームとでも呼びたくなるような時代だったように思います。

その後、南米産のハバネロだの、ジョロキアだのと、激辛唐辛子のブランド商品化まで進み、そして現在に至ります。

今となっては、豚キムやカラムーチョでヒーヒー言ってた時代が懐かしいです。

あまりに辛いものは、体がおかしくなるんじゃないかと怖くて、チキンなおじさんはビビってしまいます。

豚キムくらいがちょうどいいかなって感じです。

そして、最近やたらと油そばのカップ麺も見かけます。

スーパーのカップ麺コーナーは油そばだらけ。

カップ麺コーナーでの辛口商品と、油そば商品のシェア率がエライことになってきてます。

そんな辛口と油そばの一挙両得を狙った商品も、各社からチラホラ見えます。

で、エースコックです。

エースコックで辛口と言えば、歴史と伝統の豚キムです。

豚キムの油そば。楽しみです。

ちなみに、がっつり701kcalです。

開封します。


中身は調味たれとかやくです。(実は違います。)

普通の太さの3分待ちタイプの麺にかやくを開けます。

いかにも豚キムな、キムチ、豚肉、そしてネギのトリオです。

お湯を注いでから気づくのですが…。

スパイスも入ってたし。

焼きそばタイプのカップ麺って、たまにこういうことが起こります。

これを防ぐ発明はないものでしょうか。(メーカーのせいにする私。)

3分後、お湯を捨てて、調味たれとスパイスをかけました。

スパイスは、ぱっと見でとろみがありそうに見えます。

もちろん、油そばにとろみはつきませんが。

よく混ぜ混ぜして完成です。

いただきます。


いただきます。

うん。豚キムですね。

とんこつ感はあまりないですけど。

スパイスの粉の見た目は、すっごいとんこつっぽかったですけど、味には表れてません。

最近の激辛商品とは違った、程よい辛さです。食べやすいです。

これくらいの辛さが日本人にはちょうどいいと思うんですけど。

そして、油そばの油っこさです。

豚キムの程よい辛さに、油っこさが加わります。

それだけ…といえばそれだけでしょうか。

決して複雑な味わいなどではなく、豚キム+油-とんこつって感じでしょうか。

マズくはないです。

でも、新鮮さも驚きもないです。

ある意味、想定内の無難な味って感じでしょうか。

おいしいんですけどね。

ごちそうさまでした。

底辺住男のおススメ度☆☆☆ 看板商品のひとつを流行にのせるなら、もうちょっと驚きが欲しかったです。インパクト不足が残念でした。程よい辛さで食べやすくておいしいんですけどね。

エースコック スーパーカップ大盛りブタキム油そば 155g×12個【1個あたり189円】☆2ケースまで送料1配送分☆ 発売日:2019年2月11日posted with カエレバ楽天市場AmazonYahooショッピング

底辺住男

馬鹿です。低学歴です。 社会の底辺ゆえに、不平不満を漏らすことで傷ついた自尊心を満たします。 腹が減ったら飯を喰らいます。 低知能ゆえに、本能に支配される低俗な動物です。 それでも死ぬまでのあいだは生きているようです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)