カルビー ポテトチップス コンソメチョップ を食べてみた。

カルビー飛躍のド定番商品…とちょっと違うか…。


コンソメチョップ…パンチじゃなくてチョップだそうです。なんじゃそら、ダジャレかいな~です。

で、パッケージをよく見てみると、「ケチョップなおいしさ?!」だそうです。やっぱりダジャレかいなです。

ちなみに関西では、豚のステーキ(トンテキ)をケチャップソースで食べる洋食のメニューがあります。その名もポークチャップです。

チョップ…ではないですけど、まあ似たようなもんかなって。(笑)

ポークチャップもいつからあるのか私にはわからないような古く歴史のあるメニューですが、なんとカルビーのコンソメパンチも今年で40周年だそうで。

40年も前からこんなポテチを開発したカルビーすげえって感嘆ものです。

で、このコンソメチョップなるダジャレ商品で40周年のお祝いですか。

もうひとつ同様の商品があるんですよね。上の写真にも写っていますが、「コンソメキック」……ダジャレがドイヒーです…。

また今度機会をみて、キックも購入してみたいと思います。

ダジャレ商品を喰らってやる。


開封するとふわっと甘いケチャップの香りが漂います。ケチャップってエグみを感じるのは私だけでしょうか。あのエグみが後味として残るようだとマズそうだなあって予想してしまいます。

とにかく。いただいてみたいと思います。

うん。パリパリサクサクのいつものポテトチップスの食感です。ケチャップ味は…ほんのりと風味がある程度です。

ケチャップケチャップはしてません。後味もほんのりエグみがある程度です。

これは最初からケチャップが入っていますと教えてくれていないと、私の馬鹿舌などではケチャップが入っていることに気づかないかもしれません。

基本はコンソメパンチの味です。ほんのりとケチャップ風味がプラスされています。ですので、違和感は少ないかもしれませんが、ケチャップ嫌いな人からすると、敏感に感じるレベルではないでしょうか。

 

正直に申し上げますと、個人的にはリピートする気にはなりません。逆に言えば、それだけ元のコンソメパンチの完成度が高すぎるからと言えます。スナック菓子のフレーバーなんて、出ては消えての繰り返しです。

そんな中で、40年物間に渡って、基本の塩味に次ぐ地位に君臨してきた実力は伊達じゃないってことですよね。

コンソメパンチ40周年おめでとう。今後もパンチをいただきます。キックは試してみたいけど、チョップはもう結構かな。

 

底辺住男のおススメ度☆☆ ケチャップの後味がやっぱりちょっと気持ち悪いです。胸やけに近い気持ち悪さがあります。個人的には合いません。すみません。ケチャップが好きな方は是非どうぞ。私も決してケチャップ嫌いではないんですけどね。

 

 

底辺住男

馬鹿です。低学歴です。 社会の底辺ゆえに、不平不満を漏らすことで傷ついた自尊心を満たします。 腹が減ったら飯を喰らいます。 低知能ゆえに、本能に支配される低俗な動物です。 それでも死ぬまでのあいだは生きているようです。

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. 2018年11月25日

    […] それを祝ってコンソメキックとコンソメチョップという駄洒落?商品が発売されました。 […]

  2. 2019年2月3日

    […] 去年はコンソメパンチ40周年だったそうで、コンソメチョップやコンソメキック […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)