カルビー ポテトチップス贅沢ショコラ を食べてみた。

カルビーの冬の定番商品を買ってみた。


11月も半ばになり、徐々に寒くなってきました。日中に20度を超えない日が増えてきましたね。

寒くなってくると、何故か甘いものを食べたくなるのは私だけではないでしょう。

だからこそ、カルビーさんも毎年出してくるんだと思います。ポテトチップス贅沢ショコラです。

ちなみにポテトチップスをチョコレートでコーティングというと、北海道みやげ?のロイスのものを思い浮かべます。

カルビーの贅沢ショコラも以前はロイスとのタイアップ商品だったと思うのですが、今年はパッケージにロイスの文字が見当たりません。

カルビーがいつの間にやらひとり立ちしちゃったんですね。権利なんかの問題はないってことなんでしょうね。

ロイスの代わりと言っては何ですが、ロレーヌ産岩塩使用を大きくアピールされています。

高級な塩を使うことで、より甘さを引き立てるということなのでしょうか。

ちなみに1袋52gで、295kcalです。お互いに高カロリーなポテチ&チョコの組み合わせの割には接しやすいカロリーな気がします。

いただいてみます。


開封してみました。いい感じでチョコがまぶされてます。おいしそうです。

では早速いただいてみたいと思います。

と…そのまえに。

チョコがコーティングされているのは片側だけなので、コーティングされている方の面を舌に向けて食べるとおいしいらしいです。

そんな感じで食べてみます。

うん。おいしいです。チョコなのかスナック菓子なのか微妙な味です。しょっぱさと甘さでは甘さが上回ると思います。

しょっぱさが甘さを引き立てる感じがします。ポテトチップスでありながらも、ポテチ感は少ないです。文字通りのチョコレートスナックって感じです。

ポテチらしさを最も感じるのは歯に挟まったときでしょうか。(笑)

さて、では逆向きに、チョコがコーティングされていない方を舌に向けて食べてみたいと思います。

うん。これは単純に甘さを感じるタイミングの違いですね。口に入れた瞬間から甘いのか、噛み砕いて甘さを感じるかの違いですね。最終的には同じ味です。

でもこれをやって気づいたことがあります。

それは、コーティングされていない面を舌にのせてもしょっぱくないということです。

ロレーヌ産岩塩を売りにしている割には塩気を感じません。

やはり本来のポテチと比べて控えめな量の塩を、引き立て役程度に使っているということなのでしょう。

それがポテチ感よりチョコ感を上回らせているのだと思います。

 

甘くてとってもおいしゅうございました。ごちそうさまでした。

 

底辺住男のおススメ度☆☆☆☆ 星5つに限りなく近い4つです。ロイスのものとは価格が全く違うのにこのおいしさ。もちろんチョコの量では負けていますが、味は価格差ほどには負けていないと感じます。このレベルでこのお値段はさすがのカルビーです。食べたことがない人には是非お勧めしたい期間限定商品です。

 

 

底辺住男

馬鹿です。低学歴です。 社会の底辺ゆえに、不平不満を漏らすことで傷ついた自尊心を満たします。 腹が減ったら飯を喰らいます。 低知能ゆえに、本能に支配される低俗な動物です。 それでも死ぬまでのあいだは生きているようです。

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. 2019年2月7日

    […] そんなわけで、ロイズの他にもポテチのチョココーティング商品はあったりします。 […]

  2. 2019年2月13日

    […] 普通の贅沢ショコラはそうでしたしね。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)