ニュータッチ 仙台牛タン塩焼そば を食べてみた。

仙台に牛タン塩焼きそばってあるのだろうか。


最近ニュータッチづいている底辺です。ニュータッチの大ファンになりつつあります。

特にご当地系はハズレなしって感じでしょうか。

で、そんな感じなので買っちゃった「仙台牛タン塩焼きそば」なのですが、仙台に本当にそういうご当地メニューがあるのだろうかと疑問に思ってしまいます。

一応ネットでかる~く調べてみた感じでは、どうも実際にはなさそうな雰囲気ですね。

まあイメージ的に牛タンっていえば仙台ってことで、

「塩だれ味の塩焼きそばを作ろう。塩だれといえば牛タンなので入れよう。牛タンといえば仙台なので名前を拝借しよう。」

そんな安易なことでなければいいなあって思いますけど…どうもぽいっすね。(笑)

う~ん。ニュータッチらしからぬハズレ臭が漂ってる気がする。(笑)

まあとにかくせっかくですのでレビューしちゃいましょう。

ハズレじゃありませんように。願いながら開封してみる。


547kcalです。まあこんなもんでしょうか。

かやくと液体ソースとスパイスです。

麺はごく普通の太さですね。待ち時間は4分です。

お湯を注いで食べてみます。


お湯を注ぎます。しばし待つこと4分。

お湯を捨てて、液体ソースを入れて絡めて、スパイスを…

おお~なかなかのスパイスですね。ぱっと見「ゆかり」かと思った。(嘘)

ブラックペッパー&ホワイトペッパーなのかな。すごいいい感じ。

よ~くまじぇまじぇいたしまして…

はい。完成です。ぱっと見、ただの塩だれ焼きそばです。スパイスは効いてそうです。

ではでは。いただきます。

うん。おいしい。おいしいよ。普通の塩焼きそば。塩だれの味の塩焼きそば。

牛タン? フリーズドライの小っちゃいお肉が牛タンかどうかなんて、私の馬鹿舌ではわからないですね。残念ながら。

でもおいしいですよ。普通の塩焼きそばとして。コショウも効いてますし。

だけど、仙台牛タン塩焼きそばって言われてもピンとこないです。残念ながら。

ニュータッチのご当地麺シリーズ大好きなんですけど、なんでもかんでもご当地麺化すればいいってわけじゃないんじゃね?って思っちゃいました。残念ながら。

おいしいんですけどね。だけどこれで仙台を名乗っちゃいけない気がしますよね。残念ながら。

 

ごちそうさまでした。ニュータッチへの期待が大きすぎたのかちょっとガッカリだったかな。残念ながら。

 

底辺住男のおススメ度☆☆☆ 星2つにしようかと迷ったのですが、普通においしいことはおいしいので3つにしておきました。普通の塩だれ味の焼きそばでした。だけど…他社の塩焼きそばと比べると、苦戦は必至ですね。

 

 

底辺住男

馬鹿です。低学歴です。 社会の底辺ゆえに、不平不満を漏らすことで傷ついた自尊心を満たします。 腹が減ったら飯を喰らいます。 低知能ゆえに、本能に支配される低俗な動物です。 それでも死ぬまでのあいだは生きているようです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)