ニュータッチ 名古屋発台湾まぜそば を食べてみた。

またしてもニュータッチです。


ニュータッチは確実に、関西での足場を拡げつつある。紛れもなく、ニュータッチの魅力にやられてしまった関西人が、ここに一人います。

てなわけで、またしてもニュータッチの商品レビューをしたいと思います。

ニュータッチ商品は最近は本当に溢れているので、レビューのネタには困りません。

で、今回は「名古屋発 台湾まぜそば」を試してみたいと思います。

名古屋の台湾ラーメンって聞いたことはあります。が、食べたことはありません。

台湾ラーメンの味も知りませんが、台湾まぜそばいってみたいと思います。

ところで、私個人的には、名古屋&台湾で思い出されるのは、ラーメンではなく、郭源治、大豊泰昭の両氏だったりします。

大豊さんは残念でしたけど、郭さんはお元気でいらっしゃるでしょうか。

台湾ラーメンってあんまり台湾と関係なさそうなイメージですけど、両氏の活躍から台湾に親しい感情をもつ名古屋の人が、台湾ラーメンって名付けたってイメージを勝手にもっています。(ただの妄想ですね。)

実際のところはどうなんでしょうね。

開封して食してみます。


544kcalです。こんなもんかな。焼きそばタイプにしては低めのカロリーかもしれません。

開封すると、液体ソース、かやく、ふりかけが出てきました。

かやくはニラとミンチって感じですかね。先日いただいた、天理ラーメンに近いものがあるかもしれません。

よくみると麺の色がちょっと濃い感じ。わかりますかね。ちょっと茶色っぽいようなグレーっぽいような感じです。お蕎麦っぽいような。台湾ラーメンってそういう感じなのでしょうか。

お湯を注いで待ちます。液体ソースを温めながら4分の我慢です。

はい。完成です。すっごいうまそう&辛そうな香りです。

液体ソースは赤いラー油のようなものでしたが、こうやって麺に混ぜてみるといたって普通な見た目になってしまいました。

ふりかけは海苔。そして魚粉?のような和風な感じの粉でしょうか。

見た目は辛そうな印象がありませんが、実際はどうでしょうね。

では、いただきます。

うん。辛い。うまい。うまいですよ。辛いけど。

ニラがいい味だしてます。ニラって辛味に合いますよね。

で、辛いんですけど、パッケージにも書かれているように、卵黄が入っているようです。

これが辛味をマイルドにしてくれます。辛いんですけどまろやかで食べやすいです。

本当においしいですね。

名古屋に行きたくなる一杯でした。ところでホントに名古屋には台湾まぜそばってメニューがあるんですかね。台湾ラーメンなら知ってるけど。

 

底辺住男のおススメ度☆☆☆☆ ニュータッチのご当地麺シリーズ、今のところハズレを知りません。今回もおいしかったです。日に日にニュータッチにハマっていく底辺です。

 

 

底辺住男

馬鹿です。低学歴です。 社会の底辺ゆえに、不平不満を漏らすことで傷ついた自尊心を満たします。 腹が減ったら飯を喰らいます。 低知能ゆえに、本能に支配される低俗な動物です。 それでも死ぬまでのあいだは生きているようです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)