ニュータッチ 東京油そば を食してみた。

ニュータッチってヤマダイって会社のブランドなんだね。


って今日初めて知りましたよ。関西だとむかしからチラホラ見る程度で、多分関東ローカルに近い会社だったんだろうね。

だけど最近は関西でも結構スーパーなんかでよく見かけますよね。品揃え的には汁なしの焼きそばタイプが多いイメージ。

お湯捨てタイプは好きなので割とお世話になってるかな。

ところで、今回紹介したいのは、そのニュータッチの「東京油そば」です。

油そばって原価率がいいって聞きますよね。ラーメンはスープを炊かなきゃいけない。材料の原価だけでなく、光熱費も馬鹿にならないですよね。

ところが油そばの場合は、しょうゆだの油だの色々混ぜちゃって出来上がりって感じだから、長時間スープを炊いてるラーメン屋さんにとっては救世主のような存在なのかな。

ニュータッチの商品に汁なし麺が多いのも同じ理由!? んなわけないですよね。カップめんのスープもソースも似たようなもんでしょうと。

開けてみます。


お湯捨てタイプって、意外とカロリー多めだったりしますよね。この商品の場合で620kcalです。

まあそれだけボリュームがあるんだろってことでOKですね。汁なしで麺が少なかったら寂しいですもん。

まあ普通です。

かやくと、後入れのソースとふりかけです。ふりかけは先にかけちゃいそうなので要注意ですね。

お湯を入れる前から麺が太目なのは気になります。もちろん良い意味でね。もちもち感を期待してしまいます。

かやくのみを投入してからお湯を注ぎます。

待つこと4分。ですが、もちもち感を期待するなら、もうちょっと待つのもアリだと思います。わたしも若干、気持ち長めに待ちました。実はレビューのために4分きっかりと思ったのですが、お湯入れた時に時計を見忘れちゃったんですよね。

はい。どーですかお客さん。太麺がうまそうですよ。これにソースとふりかけをかけてよく混ぜれば…

はい。完成でございます。ナルトが光り輝いています。

どーですか。太麺のもちもち感は伝わりますでしょうか。そしてジャンキーな香りは立っているでしょうか。

ではではいただきます。うん。うまい。しょっぱい。脂っこい。ニンニクの味と香り。そして麺はもちもち。やはり長めに待つべきですよ。

太麺の食感と食べ応えは最高です。

そして、しょっぱく、脂っこく、ニンニク臭く、なんともジャンキーなうまさです。

日本人に生まれてきてよかった。ビンボーったれでよかった。底辺の馬鹿舌でよかった。(失礼)

本当に底辺の幸せを感じる一杯です。(失礼)

これを100円台で食える国に生まれてよかった。これを食える環境に生まれて良かった。これを食ってうまいと思える環境に生まれて良かった。

超大袈裟な表現ですがそう思えてしまいました。

でも、例えば六麓荘に生まれて、こういう商品と縁がない人生ってのも…そっちのほうがいいかな。(笑)

とにかくジャンキーでおいしゅうございました。わたしがカップ麺に求めるのはジャンキーなうまさでございます。決して本格派など求めてはおりません。

おいしかったです。ごちそうさまでした。

 

底辺住男のおススメ度☆☆☆☆ 五つでもいいくらいの余裕のよっちゃん。汁なし焼きそばタイプが好きな方、こってりが好きな方にはチョーおススメできます。おいしかったです。ニュータッチの汁なしはジャンキーでうまいですよね。

 

 

 

底辺住男

馬鹿です。低学歴です。 社会の底辺ゆえに、不平不満を漏らすことで傷ついた自尊心を満たします。 腹が減ったら飯を喰らいます。 低知能ゆえに、本能に支配される低俗な動物です。 それでも死ぬまでのあいだは生きているようです。

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2018年10月2日

    […] ここでもちょっとだけ書いたと思うんですけども。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)