ニュータッチ 横浜家系豚骨醤油ラーメン を食べてみた。

家系ラーメン…食ったことないですね…。


関西人な私ですが、恥ずかしながら家系ラーメンって食ったことないですね。二郎系もないですね。

TVもネットもある現代人としては、イメージはなんとなくあるんですけど、それで語るのもねえって感じですね。

ちなみにイメージとしては和歌山の井出商店のラーメンにほうれん草と海苔がのってるイメージ。違います?

関西でも最近は、二郎系とか家系とかたまに見かけるような気もします。

町田商店?あれって大きなチェーン? 「家」ってつかない大チェーンでもちゃんとした家系なんだろうか。

一回行ってみたい気もします。

で、今日はカップ麺で我慢です。とはいえ過度の期待は禁物です。

ニュータッチおいしいですけど、これは「凄麺シリーズ」なんかではない安~い普通のカップ麺です。

まあ「濃厚な豚骨スープとキレのある醤油ダレが特徴」だそうですのでそこは期待させていただきます。

ちなみにカロリーは、428kcalです。まあそんなもんでしょう。

 

開封してみます。


かやくと後入れスープと焼のりの3袋入りです。粉末スープがあればベストなのでしょうが、安価ですので文句はなしです。

すご~く、すご~く普通の麺です。待ち時間は3分なのですが、この手の麺なら、待ち時間短めの硬めで食すのもアリだと思います。そこはお好みですね。同じニュータッチでも、凄麺シリーズはキッチリ待った方がおいしいと思いますが。

かやくを麺の上に開けます。昔ながらの懐かしい感じのカップ麺のチャーシューです。ネギも入ってます。

 

お湯を注いでいただきます。


お湯を注ぎました。後入れスープをフタの上で温めます。個人的には待ち時間1、2分の硬めが好みなのですが。

デフォの3分しっかり待ってレビューしようと思います。

 

3分後…スープを入れて、海苔をのせて…

完成です。2枚の海苔が輝いています。(大袈裟)

パッと見てスープがなんとなく薄そう…「濃厚な豚骨スープとキレのある醤油ダレが特徴」…それホンマなん?って感じです。

まあとにかく食ってからですね。

では、いただきます。

うん。麺にコシがない。3分待った上に写真なんか撮るから悪いんですよ。ここら辺は好みですから、待ち時間の調整でなんとでもなりますよね。

ではスープです。うん。薄い。「濃厚な豚骨スープとキレのある醤油ダレが特徴」そんな味ではないですね。

さっぱりあっさりって感じです。ひどい表現になっちゃうけど、和歌山ラーメンをお湯で薄めた感じ。

で、後味がなんとなく味噌汁っぽいです。うん。我が家の味噌汁の後味かな。(笑)

チャーシューは昔ながらの可もなく不可もなくなお味。

う~ん。個人的に思うんですけど、ご当地麺とかを名乗るのは凄麺だけにしといた方が良いのでは?って思っちゃいます。

家系とか名乗ってしまうと期待度のハードルが上がってしまうので、この価格帯のカップ麺だとハードルを越えるのは難しそうです。

お客さんに「イマイチだな。」って思われちゃうと、凄麺も含めたニュータッチブランド全体のイメージが毀損されかねないのではと危惧しちゃいます。

普通に豚骨醤油ラーメンで良かったんじゃないかなあ。

最近のニュータッチのカップ麺ってご当地だらけなんですよね。凄麺はおいしいけど他はどうなんだろ。

試してみたくなってきました。ごちそうさまでした。

 

底辺住男のおススメ度☆☆ 星ひとつでもよかったかな。くせのない薄味って感じです。最近ニュータッチのファンなんですけどね。家系ラーメン食ったことない人間に食わせたら、これが家系だと思われてしまうかも。それはイカンでしょ。家系食ったことないんで町田商店でも行ってみるか。それもイカンかったりするのだろうか?

 

 

底辺住男

馬鹿です。低学歴です。 社会の底辺ゆえに、不平不満を漏らすことで傷ついた自尊心を満たします。 腹が減ったら飯を喰らいます。 低知能ゆえに、本能に支配される低俗な動物です。 それでも死ぬまでのあいだは生きているようです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)