フジパン ヘーゼルナッツショコラ を食べてみた。


バレンタイン商戦でパンまでもが…。


世の中はバレンタイン一色です。

先日も書きましたが、私には何の関係もありません。

ですが、チョコレート好きとしては、せっかくチョコ商品をいっぱい出してくれるのですから、便乗して味合わせていただこうと思います。

ところでこの商品。

ベルギーチョコを使用しているそうです。

大丈夫なんでしょうか、そんなこと書いちゃって。

以前紹介したヤマザキのチョコ系商品なんてベルギーチョコ使用を謳っておきながら、ベルギーチョコ使用率はたったの0.4%でした。

まあ正直に0.4%しか入ってませんよとカミングアウトしてくれてるだけマシではありますが。

で、この商品をよく見てみると…

なんと7%も入っているというではありませんか。

7%って多いのか? 0.4%のせいで基準がおかしくなってしまった気もします。

0.4%という含有量は、入ってることに気づけない量のような気がするんです。

例えば、ラーメンのスープに0.4%の「お〇っこ」を入れても誰も気づかないんじゃね?みたいな。(汚い例えですみません)

それに対して、7%という含有量は、明らかに存在感を発揮しそうな数字です。

7%のベルギーチョコに期待をしたいと思います。

ちなみに287kcalです。

いただきます。


なかなかいかつくゴツイルックスです。

ぱっと見でクイニーアマン的な焼き菓子感があってうまそうです。

持った感じは、上部が硬くて下がふんわりした感じです。

では、いただいてみます。

上部がザクっとした歯ごたえです。

ビスケット生地のような感じです。

そして商品名にもなっているヘーゼルナッツの風味も上部から感じます。

そして、下部は持って感じたのと同様のふんわり食感です。

もっちりもしています。

ベルギーチョコ入りクリームは、残念ながらほんのちょっとしか入っていません。

ベルギーチョコ入りクリームを包んだパンとパッケージに書いていますが、包むという日本語の意味、概念について議論をしたくなるほどに少量しか入っていません。

この状態を包むと呼ぶのが日本語として正しいかどうか謎です。

正直な感想としては、ベルギーチョコ使用率が0.4%でもいいから、全く入ってなくてもいいから、安物のチョコでいいから、クリームがたっぷり入っていて欲しかったです。

書き出しにネタとして使わせていただいたヤマザキのショコラdeショコラの方が正直…ねえ。

ベルギーチョコ使用を謳って商品をアピールするより、安いチョコをたっぷり使っておいしいチョコレートパンを作った方がリピートされると思うんですけどね。

ごちそうさまでした。

底辺住男のおススメ度☆☆ すみません厳しくて。世間はチョコレート商戦で浮かれているのに僻んでいるだけなんですよ。でも…ベルギー率0.4%のアレはうまかったなあ。

底辺住男

馬鹿です。低学歴です。 社会の底辺ゆえに、不平不満を漏らすことで傷ついた自尊心を満たします。 腹が減ったら飯を喰らいます。 低知能ゆえに、本能に支配される低俗な動物です。 それでも死ぬまでのあいだは生きているようです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)