マスコミは何故に全ての責任を安倍首相に問うのだろうかと想ふ。

日本国民が北方領土問題解決を望むのは間違っていると思う。


中国、北朝鮮、韓国、三か国の関係がすこぶる良いらしい。

で、安倍政権にとって都合が悪いというような報道を見ました。

表現は正確にすべきだと思います。安倍政権にとって都合が悪いというよりも、日本国と国民にとって都合が悪いと正確に表現をすべきだと思います。

そして、ロシアのプーチン大統領との北方領土問題が上手くいかないとなると、やはり安倍首相の責任になるようです。

「国家の政治的代表なんだから、責任が発生するのは当然じゃないか。」

果たしてそうでしょうか。例えばです。国民が国家事業としてタイムマシンの開発を望んでいたとします。

力及ばず叶わなかったとします。総理大臣の責任でしょうか。不可能なことを望む国民の非常識こそ非難されるべきかと思います。

無駄な労力と金を使うことになりますから。

北方領土問題も同じことではないでしょうか。旧共産国のレッドチームの国に、領土を返せというのは、上杉謙信が武田信玄に対して、北信濃領を村上氏等の上杉麾下の将に返せと叫ぶようなものでしょう。

敵対しており、返せば敵の基地が造られる。どれだけお人好しであれば返してくれるのでしょうか。

もちろん、返してもらう方法はあります。簡単に表現すれば、敵の軍門に下ったうえで実績を残し信用を得ることです。

友軍となり、価値観を共有し、国家の命運も共にする。そのように信用を得られれば返してもらえる可能性は極めて高いでしょう。

すなわち、米国と手を切り、日米安保条約を破棄し、所謂レッドチームに入り、旧共産国と価値と命運を共有すれば返してもらえるということです。

北方領土と現在の自由民主陣営の日本であり続けることは、同じ天秤で計れるような重さなのでしょうか。

個人的には比較するわけにはいかないと思っています。自由民主陣営であり続けるために、北方領土を諦めねばならないのだとしたら諦めるべきかと思います。

もちろん、レッドチームを支持する共産主義の残党にとっては、北方領土にかかわらず、レッドチームに入ることは夢のようだろうと思いますが。

日本国民が北方領土問題の解決を願うことは、共産主義者を利する行為であって、民主主義国家日本の足を引っ張る行為です。

期待をする国民は間違っていると思いますが、それを煽るマスコミはもっと間違っていると思います。

そして、出来もしないことを勝手に望み、それを煽り、出来ないことを批判するのは非常に馬鹿馬鹿しいです。

ハナから無理ゲーなのです。マスコミはハナから無理なことで期待を煽り、当然のように出来ないと批判をする。

それを政党、政権、政治家批判の道具として使っています。それとも、真に解決して欲しいと望んでいる。すなわち、レッドチーム入りを望んでいるのでしょうか。

 

そうそう。他にも返してもらう方法があるのを忘れていましたね。最も一般的な方法は、武力で取られたものは武力で取り返す。

もう一つは、ロシアをブルーに染めることですね。

まだありますね。現在の米国大統領のような一風変わったその国の伝統を受け継がない指導者の登場を願うかですね。

一朝一夕では叶わない奇跡を願う気持ちでいればいいと思います。

あとは忘れられないように「返せよ」ってたまには要求することですね。

 

現状で返ってきたとして、そのまま住めるって思ってるんでしょうね。おめでたいですね。一年中戦闘機で領空を覗きに来る国の喉元で暮らすのに必要なインフラってありますよね。軍事基地が必要ですよね。特に空軍。たぶんそんなことなんにも考えずに北方領土返せって言ってるんでしょうね。それとも、基地の必要性なんか説いちゃうと、日本赤化計画がとん挫しちゃうから言えなかったとか。

 

しかしまあ日本の報道ってこんだけ首相をイジメてるのに、権力批判をできない報道の自由がない国ってことらしいですよね。

どこがやねんって思いますけどね。

底辺住男

馬鹿です。低学歴です。 社会の底辺ゆえに、不平不満を漏らすことで傷ついた自尊心を満たします。 腹が減ったら飯を喰らいます。 低知能ゆえに、本能に支配される低俗な動物です。 それでも死ぬまでのあいだは生きているようです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)