餃子の王将 でリニューアルした 極王焼そば を食べてきた。



餃子の王将泉ヶ丘店で新しくなった極王焼そばを2月限定セットでいただきました。


2019年に入って、餃子の王将は極王シリーズのリニューアルを連発しています。

まずは新春早々に極王炒飯が新しくなりました。

そして今月は極王焼そばの番です。

このままいくと…来月は極王天津飯のリニューアルとなるのでしょうか。

ていうか、今年はこのまま毎月極王シリーズを出していけば面白いのになあって思いません?

例えば、極王ラーメン、極王酢豚、極王青椒肉絲etc…みたいな。

まあ来月以降は別として、先月は極王炒飯を紹介しましたし、とりあえず今月は極王焼そばを食べに餃子の王将泉ヶ丘店に行ってみました。

店頭にサンプルを置いてました。

極王焼そばは単品で税抜630円。

2月限定のセットメニューもあるようです。

極王焼そばセットAは、極王焼そば、餃子3つ、杏仁豆腐で税抜843円。

極王焼そばセットBは、極王焼そば、餃子3つ、ライス小、スープで税抜880円。

限定で、今しか食べられないと言われると弱いので、セットBにしようと決めて入店しました。

スポンサードリンク



いただきます。


注文をし、待つことしばし…。

ものの数分で提供されるのが王将の良いところ。

来ました。セットBです。

ライス小…茶碗は小さめかもしれないが、盛りは結構大盛りなんですけど。

いや、嬉しいんですけどね。

よし。では見るからにボリューミーなこのセットをいただくとします。

極王焼そばは期待に違わずおいしいです。

XO醤の効いた中華味です。

ちょっと油っこく塩気もあるのでご飯も進みます。おいしいです。

具は中央に鎮座します海老さんと、キャベツ、白菜、玉ねぎ、ピーマンが少しと、たっぷりな卵と、そして豚バラです。

豚バラは極王炒飯と同じ物なんでしょうか。風味があっておいしいです。

たまごもたっぷりでふわふわです。

野菜もシャキシャキして食感の変化を与えてくれます。

焼そば&ご飯&餃子。

中国人もビックリな炭水化物祭りですが、たっぷりタレをつけた餃子も、コクのある焼そばも、ご飯にONして食うのが最高です。

炭水化物摂り過ぎやないかいと責められようとも、日本人に、関西人に生まれた喜びを噛みしめながら、今日も炭水化物祭りに勤しむのでした。

そして地味にスープもおいしかったです。

王将のスープって店舗によって味が全然違ったりしますが、泉ヶ丘店さんのは、「和風のだしの素入ってません?」って感じのちょっと和テイストな中華スープでした。

炭水化物祭りにはピッタリなスープでした。

極王焼そばは当然のこと、ご飯も餃子もスープも全部おいしかったです。

ごちそうさまでした。

底辺のグルメとは、底辺たる底辺住男が、おいしいお店のおいしい食事を紹介する記事です。決して登場するお店や料理が底辺というわけではありません。ご理解の程よろしくお願いいたします。

底辺住男

馬鹿です。低学歴です。 社会の底辺ゆえに、不平不満を漏らすことで傷ついた自尊心を満たします。 腹が減ったら飯を喰らいます。 低知能ゆえに、本能に支配される低俗な動物です。 それでも死ぬまでのあいだは生きているようです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)