ローソン 悪魔のトースト を食べてみたら激ウマだった。


悪魔シリーズ? おにぎりに続いてパンが2種類出たようです。こちらは期待してなかったんですけど。


記録的な大ヒットとなったらしいローソンの「悪魔のおにぎり」。

その2番煎じを狙ったのでしょうか、同じくローソンから、「悪魔のパン」と「悪魔のトースト」が発売されました。

悪魔のパンのほうは、悪魔のおにぎりを彷彿とさせる具材を使用しているようですが、こちら悪魔のトーストは一切関係がないような気が…。

天かす、青のり、天つゆはあくまで入っておりません!!

たっぷりチーズのシュガートースト

ちゃんと書いてますね。

悪魔のおにぎりとの関係性はゼロ。

「たっぷりチーズのシュガートースト」が商品名でいいと思うんですけど。(笑)

そして、あくまで入ってないとはダジャレなんでしょうか。

ところで、今日は悪魔のパンのほうを紹介しようと思ってたんです。

あちらの方が本命っぽいし。

ところがたまたま近所のローソンでこれしかなかったんで。

今日はこちらの悪魔のおにぎりとは何の関係もなさそうな便乗商品(失礼)を紹介したいと思います。

230kcalと意外に低カロリーですね。

いただきます。


中身は食パンを半分にカットしたトーストです。

こんがりと焼き色がついてウマそうです。

たっぷりチーズとシュガー、温めるのもアリなんでしょうけど、とりあえずこのままでいただいてみようと思います。

あ。これヤバイかも。

うまいなコレ。マジでうまいな。

チーズ&砂糖がこんなにうまいなんて。

冷めているけどトーストの香ばしさに、滑らかなチーズの塩っ気と砂糖の甘さ。

砂糖がチーズの塩分を引き立てて、「チーズってこんなにしょっぱかったっけ?」と思わせてくれます。

そのチーズの塩分が砂糖の甘さも引き出します。

悪魔のおにぎりとの類似点は一切ありませんが、クセになりそうなウマさという意味ではこちらの方が上だと個人的には思います。

悪魔のおにぎりとの共通点をあえて見出すならば、すごく単純な発想と作り方でクセになるウマさを実現しているところでしょうか。

ただコレね…家で簡単にマネできちゃいそうなので…。(笑)

リピーターはどうなんだろ。

とりあえず、私は家でやってみますけどね。

まあ最低1回は味を確認するために売れる。

入れ替わりの激しいコンビニ各社のPBってことを考えると、それで充分なのかもしれませんね。

大変おいしゅうございました。ございました。

底辺住男のおススメ度☆☆☆☆☆ 全く期待していなかっただけにウマさに驚きました。といってもチーズトーストに砂糖を振っただけなので、過剰な期待も禁物でしょうが。悪魔シリーズの、まるでガキ使のワンコーナーのようなシンプルな発想での「こういう食い方もアリでしょ。」ていうノリでの商品開発に脱帽です。

底辺住男

馬鹿です。低学歴です。 社会の底辺ゆえに、不平不満を漏らすことで傷ついた自尊心を満たします。 腹が減ったら飯を喰らいます。 低知能ゆえに、本能に支配される低俗な動物です。 それでも死ぬまでのあいだは生きているようです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)