党首討論会を観て想ふ。

NHKの中継を見ました。

参院選を間近に控えての党首討論会が行われました。

与党VS野党となることは想定内ですが、各党首が自民の安倍総裁を攻め立てる中で、日本維新の会の松井代表が共産党の志位代表に矛を向けました。

維新の会のスタンスからすると当然かと思いますが、それでも、各党との違いが際立って新鮮に感じられました。

我々は、議会制民主主義に沿って、国政を政治家たちに託しています。

民主主義だからこそ、民意が反映されるため、安心して任せることが出来ています。

その中に、共産主義経済と、社会主義の実現を目論見、「共産各国は失敗したが、日本市民の国民性と日本共産党であれば、日本を共産主義国家として成功に導くことが出来る。」などとのたまうイデオロギーの違う政党が入った野党連合を支持することなど出来ません。

いかに現代の政治が数取り合戦であるといえども、共産党と連合を組んでしまっては、数だけが頼りのイデオロギーすら持たぬ烏合の衆と呼ばれても仕方がありません。

そういう意味では、自民党も同様です。

公明党と連立政権を組んでしまっては、政教分離を推し進めることが出来ません。

日本国は政教分離の原則に追従しないと宣言してしまっているようなものです。

そして、宗教勢力を利用してしまっています。

宗教勢力は恐ろしいです。

与党は常にメディアからの批判に晒され続けています。

ですが、公明党に対する批判が一向に聞こえてこない不思議。恐ろしいです。

そもそも、存在自体が政教分離に反するという批難の塊のような政党でありながら、与党となっても批判されるのは自民と安倍総裁ばかり。

「安倍政治を許すな!安倍の独裁を許すな!」などとよく言いますが、批判を出来ない政治団体の方がよほど大きな問題です。

私はチキンなもので、今だって素性が知れたらどうしようと恐怖感を持ちながら書いています。

誰も異議を唱えられない政党が存在する。もしも単独で与党になった暁には自由国家日本は消滅する。

世間は不公正に厳しいです。

よく耳にする話があります。

「AくんとBちゃんが市役所に就職したやろ。あれ学会員やからやで。」

悪口ではありません。学会員による自慢話です。こういう話を耳にすることがちょくちょくあります。

ダメでしょ。アウトでしょ。

現代社会において、こういうのは許されないでしょ。

だけど、誰も批判しない。私だって、数が多くて熱量が高くて怖くて向き合う勇気がない。

マスコミだってそうでしょ。下手なこと書いて敵に回したら厄介なことになる。

だけど…もしも、単独で与党になっちゃったら日本は終わるでしょ。

怖くて批判することもままならない政党が与党になっちゃったら恐怖政治の始まりですよ。

今だって、学会のみなさんは気付いてないかもしれませんが、我々は発言に気を付けながら生きているんですよ。

それが、与党になっちゃったら口にチャックをするしかない。

ファシズム国家には秘密警察なんてのがあったりする。

宗教団体が政権を獲ってもそんなの要らない。

信者ひとりひとりが秘密警察みたいなもんですよ。

こんなに恐ろしい未来が待ってるかも知れない政教分離できていない党を、自由と民主を謳う自民党が認めちゃうなんて。

安倍さんの大阪城観を批判するより、こっちのがよっぽど批判されるべきだと思うけど。

戦後、自民党の最大の過ちだと私は思う。そして、日記を書きながら恐怖している現実は間違ってると思う。

世の中、芸人の批判なんてしている暇があったら、本当に自分たちの暮らしを脅かすかもしれない過ちに目を向けた方が良いのに…。

底辺住男

馬鹿です。低学歴です。 社会の底辺ゆえに、不平不満を漏らすことで傷ついた自尊心を満たします。 腹が減ったら飯を喰らいます。 低知能ゆえに、本能に支配される低俗な動物です。 それでも死ぬまでのあいだは生きているようです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)