宇多田ヒカルさんの女性天皇発言に想ふ。

女性天皇は過去に何人もいたから現代にもいたっていいじゃんって事なんでしょう。

その通りだと思います。

たぶん、右側の人たちも女性天皇には反対する人は少ないと思います。

多くの右側の人たちの主張はこういうことなのではないでしょうか。

「愛子さまが天皇になられるのは良いが結婚相手がいない…。悠仁さまと結婚するわけにはいかないし、竹田恒泰氏は結婚しちゃったうえに、ちょっと縁が微妙に遠目だし…。それとも、結婚相手は適当でよいから悠仁さまを養子にお迎えするか…。だったら直接悠仁さまで良くないか?」

てなっちゃうのではないでしょうか。

女性天皇は過去にもいたことだし問題はない。

けれども、男系で皇統を紡いでいただきたい。ということなんだと思います。

愛子さまが天皇になられるのは良いが、一般人と結婚して生まれた子供は皇統とはいえない。ということなんだろうと思います。

で、天皇は誰がなっても良いかというとそんなわけがありません。

例えば私がなっても誰も認めないでしょう。

男系の皇統に属さない人物や、縁が遠すぎる人物がなった場合、我々国民が天皇として認めない可能性が大です。

竹田恒泰氏が天皇になった場合、あんなの天皇じゃねえやって言われる可能性が大です。

そうなった時こそ、いわゆる天皇制と呼ばれるシステムの存続の危機となります。

女性天皇を待望したり、男系にこだわる必要がないという人は、そもそもそうなることを望んでいるのではないでしょうか。

つまりは、天皇制という議論を過去から現在まで提起してきた人たちは、相応しい人物に天皇になって欲しいなどと思ってはいない。

この世から天皇という地位が無くなって欲しいと思うからこそ、天皇制について議論をしてきたのだと思います。

天皇は世襲制です。

世襲は血縁によって権威が生まれ保たれます。

血縁が薄れ、権威が薄く感じられたなら、その時は天皇を天皇として認めないのも国民の権利かもしれません。

万世一系の血統を保つことこそ天皇の権威を高めて存続させることが出来る。それが日本の安定と繁栄に繋がる。

右側の人たちはそう考えているのかもしれません。

アカの人のいう事は真に受けちゃダメですよ。

日本の周辺のアカい国を見ればわかるじゃないですか。口から出まかせばかりですよね。

底辺住男

馬鹿です。低学歴です。 社会の底辺ゆえに、不平不満を漏らすことで傷ついた自尊心を満たします。 腹が減ったら飯を喰らいます。 低知能ゆえに、本能に支配される低俗な動物です。 それでも死ぬまでのあいだは生きているようです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)