平成の終わりと令和の始まりに想ふ。

ひとつの時代が終わり、新しい時代がやってきた。

平成の世が終わり、令和の時代が始まりました。

平成の30年間で最も視聴率が高かったTV番組は、もしかしたら昨日の退位の礼の中継だったのかもしれません。

日本全国民が固唾をのんで見守ったのではないでしょうか。

退位された上皇陛下の最後のお言葉が染み入りました。

一国民としては、「深い信頼と敬愛をもって国民に寄り添って下さり、どうもありがとうございました。」というところでしょうか。

また、上皇陛下は新しい時代においても、我々の安寧と幸せを願ってくれます。

象徴天皇であった陛下の願いとしてはそれで良し、ありがたいことだと思います。

発展と繁栄を志して実現していくのは国民の務めだろうと思います。

平成の時代は、日本の国際的な地位が下落し続けた30年だったともいえるのではないでしょうか。

新しい時代では、日本は生まれ変わった姿を見せないと、30年後には見る影もないかもしれません。

上皇陛下には、今までの務めに対する感謝の気持ちが大きいです。

安寧で幸せな残りの時間をお過ごしいただきたいものです。

底辺住男

馬鹿です。低学歴です。 社会の底辺ゆえに、不平不満を漏らすことで傷ついた自尊心を満たします。 腹が減ったら飯を喰らいます。 低知能ゆえに、本能に支配される低俗な動物です。 それでも死ぬまでのあいだは生きているようです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)