手作り豚まん専門店 龍福 さんの野菜まんと二色あんまんを食してみた。

人気豚まん専門店の食べたことないメニューを試してみる。


おみやげに豚まんって全国的にはどうなんだろう。たぶん東日本なんかではピンとこないんじゃないかなと思ったりします。

大阪では豚まんはおみやげのド定番品だったりします。

一番有名なお店は551の蓬莱です。ソウルフードと呼んでも差し支えない逸品が、関西人にとっての豚まんの味の基準だったりします。

551と味の比較をして、勝っていれば名店となるのが関西人のモノサシです。

が、551はとてもおいしいので、非常に高いハードルを超えなければ、関西人に認めてもらうことは出来ません。

で、針中野駅近くの駒川商店街にありますここ「龍福」さんは、551に勝るとも劣らない高いハードルを超えた名店だと思います。

豚まんに入った大きな玉ねぎの甘味とシャキシャキ感はたまりません。

ですが、豚まんがおいしいのは周知の事実として、他のメニューはどうなんでしょうか。

今日は、私が食したことはありませんが、ずっと気になっていた野菜まんと二色あんまんを試してみたいと思います。

野菜まんと二色あんまんを食べてみる。


左が野菜まん。右が二色あんまんです。

写真ではちょっとわかりづらいのですが、左の野菜まんの真ん中やや右上あたりがちょっとへこんでいるのがわかりますか。このへこみが野菜まんの証です。

へこみがなければ豚まんです。ホントにちょっとわかりづらいですけど。

ではまずは、野菜まんから二分割してみました。包丁で切ったんですけど、具がポロポロこぼれちゃいました。

写真も下手くそで申し訳なくなりますね。

お味は…あっさりさっぱりおいしいです。ヘルシーな感じがします。

豚まんの甘味や、チャーシューまんのショッパ甘さのような濃い味はしません。

野菜まんの名に相応しいヘルシー感満載のさっぱり野菜味です。

春雨、しいたけ、高菜等が入っているようです。(馬鹿舌なので違ってたらごめんなさい。)

あっさりしているので、豚まんやチャーシューまんを食べる時の中休みに食べれば良い気がします。

お次は二色あんまんです。こちらは包丁でスパっと切れました。

二色というだけあって、通常のこしあんが白あんを包んでいるのがよくわかります。

よく考えてみると、あまりあんまんを食べた覚えがありません。

コンビニでも、中華まんと言えば甘くないのを食べちゃいますので。

比較対象に困るのですが、いただいてみたいと思います。

うん。おいしいです。当然のことながら甘いです。

あんがもっちりした感じです。もっちりって生地に使う表現じゃないのって突っ込まれそうですが、でももっちりしてるんですよ。

とってもおいしいです。おやつとしてスイーツとしておいしいですね。

欲を言えば、もうちょっと皮薄めのあん多めが嬉しいんですけど、原価だけではなく包む技術的にも大変そうです。

おいしかったです。たまにはあんまんもいいなって思ってしまいました。とはいえコンビニであんまん食う気にはならないかな。

 

とにかく、龍福さんはおススメですね。何件かお店があるようなので、ぜひぜひお近くのお店にどうぞですね。

おいしいお饅頭どうもごちそうさまでした。


底辺のグルメとは、底辺たる底辺住男が、おいしいお店のおいしい食事を紹介する記事です。決して登場するお店や料理が底辺というわけではありません。ご理解の程よろしくお願いいたします。

底辺住男

馬鹿です。低学歴です。 社会の底辺ゆえに、不平不満を漏らすことで傷ついた自尊心を満たします。 腹が減ったら飯を喰らいます。 低知能ゆえに、本能に支配される低俗な動物です。 それでも死ぬまでのあいだは生きているようです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)