森永 チョコボール パンプキン味を食べてみた。

まだ8月ですが、ハロウィンですか。

記録的な猛暑だった今年の夏も、少し涼しくなってきました。最近の商売は、何事も先取り、早めの対応ですよね。早すぎてあざとさを感じちゃうこともしばしば。

先日スーパーに行った際に、駄菓子コーナーにて見慣れぬチョコボール発見。パンプキン味って秋の味覚かあって思いきや、ハロウィン仕様でした。

こんな感じ。ハロウィン仕様でいい感じのパッケージ。日本では、二か月も前からハロウィンですねと。

裏を見てみると、原材料の中にパンプキンパウダーなるものが。これがカボチャ味を引き出してくれるんでしょうなあ。

これはカボチャ色なのか?

ドラゴンボールっぽいって思うのはワシだけでしょうか。サイズはまあこんなもんでしょ。チョコボールの定番のサイズ。それにしても…色はやっぱチョコボールっぽくない感じで、期待を持たせてくれますね。

かじるとこんな感じ。でもって味は…うまいです。秋の味覚、栗の味。モンブラン風で…ってカボチャか。(笑)

いやあカボチャって言われるとカボチャだし、マロンって思うとマロンだし。どっちでも秋の味覚だからいいんじゃね?ってダメか。ハロウィンのカボチャ味か。パンプキンパウダーが実に栗っぽくておいしいんですけど。(笑)

食感は、外がチョコで口の中でトロっと溶けます。中のココアビスケットがさくさくです。食感でいうと、レギュラーのピーナッツとキャラメルよりもいいです。口の中に残らずさっぱりな食感です。味は、カボチャ味が尾を引きます。コッテリって表現はラーメンみたいですけど、こってりまろやかって感じのパンプキンパウダーチョコです。

とにかく秋らしい味がすることは間違いないです。十一月に入っても売れ残っちゃった場合は、パッケージとチョコの色を変更して、モンブラン味として売り出せばノープロブレムだと思います。

味はマジでおいしいです。特に若い女子ウケしそうな味だと思います。

底辺住男のおススメ度 ☆☆☆☆  味はおいしいです。ホントに。栗とカボチャを足して2で割った感じってことにしておきましょう。

底辺住男

馬鹿です。低学歴です。 社会の底辺ゆえに、不平不満を漏らすことで傷ついた自尊心を満たします。 腹が減ったら飯を喰らいます。 低知能ゆえに、本能に支配される低俗な動物です。 それでも死ぬまでのあいだは生きているようです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)