渋野日向子選手の快挙に想ふ。

ゴルフのメジャー大会、全英女子オープン制覇の快挙!!

日本人女子プロゴルファーとしては、樋口久子さんに続くメジャートーナメント制覇の快挙です。

日本人女子としては、四十二年ぶり二度目。男子では未だ成し遂げられていない快挙です。

ちなみにお馬鹿な私は、「最終日のプレッシャーに負けちゃうんだろうなあ。」なんて悲観的に思っていました。

ですが、プレッシャーなんて何もなさそうなプレーぶり。すごかったですね。

ゴルフってメンタルが重要なスポーツだと思いますが、優勝を決めたあのラストパットを強気に打ち切れる、異常な精神の強さを感じました。

また、彼女の笑顔を絶やさぬプレーぶりが話題ですが、プレッシャーに負けない、見ていて緊張感を感じないまるで練習のようなプレーぶりは、笑顔からもたらされているのかなあと感じてしまいました。

プロになって間もない二十歳で、海外メジャー初挑戦での快挙。だからこその無欲の勝利なのかなあって。

ところで恥ずかしながら。私はこの選手を存じておりませんでした。勝みなみ選手は知ってましたけど。

で、調べようとしてびっくり!Wikipediaがないやん!

日本国内のメジャータイトルも獲ったらしくて、全英に呼ばれているのにウィキまだないって。

ウィキペディアに掲載されていない若手の快挙ってすごいですよね。

とはいえ、言ってる間にページが出来ると思うんですけど。

あ、そうそう。駄菓子食いながらプレーしてたことと、インタビューでもお菓子大好き発言を連発されていたようで、駄菓子業界に注目が集まってしまいましたね。

よっちゃんいかの会社なんか、株式上場してたら爆発したんじゃないかっていう。してるのかな?

とにかく、駄菓子好きの底辺おっさんとしてはありがたいです。

渋谷選手が日本女子ゴルフ界の未来を牽引し、東京五輪でも活躍し、駄菓子業界までをも引っ張ってくれることを期待します。

にしても…笑顔を絶やさない女性っていいよなあ。可愛いよなあ。(笑)

そして、笑顔って他人に与える印象だけではなく、計り知れないチカラがあるんだろうなあってつくづく思いました。

世知辛い世の中だからこそ、笑顔で暮らしていれば良いことがありそうです…って、こんなこと大昔の人でも常識だったんだろうな。

笑う門には福来るって体現者を見て実感させてもらいました。

底辺住男

馬鹿です。低学歴です。 社会の底辺ゆえに、不平不満を漏らすことで傷ついた自尊心を満たします。 腹が減ったら飯を喰らいます。 低知能ゆえに、本能に支配される低俗な動物です。 それでも死ぬまでのあいだは生きているようです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)