神戸屋 いちごサンミー を食べてみた。


関西人のソウルフード?冬のサンミーを食べてみる。


神戸屋といえば、関西人にとっては昔からの馴染みの製パンメーカーですね。

つい最近まで、神戸の会社だとずっと思っていました。

創業以来ずっと大阪。おしゃれなイメージ、西洋のパンのイメージってことで大阪の会社なのに神戸屋を名乗ってきたらしいですね。

「やっぱ神戸はファミレスまでアカ抜けてるわ。」今となっては恥ずかしい思い出ですね。

で、神戸屋といえばサンミーですよ。

「三つの味でサンミーかい!神戸もダジャレまでは垢ぬけてないのう。」ダジャレが垢抜けないのは大阪だったようで…。

そんなサンミーですが、関西人なら食ったことない人間はいないのでは?

特に中学、高校くらいの学生時代にお世話になる商品だと思います。

いつ頃からかは知りませんが、冬のイチゴの季節になると、例年「いちごサンミー」が発売されます。

今日は関西人のソウルフードと言えば言い過ぎなのでしょうが、誰もが食べた懐かしい味のイチゴバージョンを食べてみたいと思います。

三つの味ってどんな味?


三つの味でサンミーですよね。

いちごサンミーは、1味が果肉入りのいちごクリーム。

2味がいちごミックスジャム。3味がいちごケーキ生地となってます。

チョコって三つの味に含まれないという…。チョコをスルーするとは豪気なものですね。

ちなみにカロリーは469kcalです。パンって結構高カロリーなんですよね。

いただきます。


さて、では昔懐かしいサンミー…ではなく、いちごサンミーをいただきたいと思います。

ガブッとかぶりつくとパッと見薄っぺらい見た目ですが、食べ応えのある食感です。

柔らかいビスケット生地のような食感。まさしくサンミーの食感と味です。

ほんのりとピンク色で、ほんのりといちごの味と香りがします。

しかし中身が違います。あま~いいちごクリームと、いちごのミックスジャムです。

これはいちご好きにはたまりません。もちろんサンミー好きにもたまりません。

定番ロングセラー商品たる所以がわかりますね。

ほんのりいちごの食感のよいパン生地の中には、まったり甘いいちごクリームといちごジャム。

こんなんうまいに決まってるし。

久しぶりにサンミー食べました。いちごは初めてでしたけど、懐かしくておいしかったです。

ごちそうさまでした。

底辺住男のおススメ度☆☆☆☆ 神戸屋って全国的な知名度はどうなんだろう。サンミーもどうなんだろう。昔懐かしいのは関西人だけではなかったりして。神戸屋レストランも最近行ってないなあ。健在なのかな。関係ないことばっか書いちゃいましたが、もちろんおススメですよ。

底辺住男

馬鹿です。低学歴です。 社会の底辺ゆえに、不平不満を漏らすことで傷ついた自尊心を満たします。 腹が減ったら飯を喰らいます。 低知能ゆえに、本能に支配される低俗な動物です。 それでも死ぬまでのあいだは生きているようです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)