闇営業って言葉の独り歩きと報道の責任は…楽しんご氏の記事に想ふ。

入江氏の陰で楽しんご氏も事務所をクビになったそうで。

複数の吉本芸人による、詐欺グループ宴会での闇営業についての騒動が収まる気配がありません。

そんな中で、ひっそりと? 楽しんご氏も闇営業を咎められて事務所との契約が解除されたようです。

で、そんな楽しんご氏の今日も闇営業とのツイートがネットニュースになっています。

もちろん、みなさんおわかりの通り、完全に独立した個人事業主となった楽しんご氏が何をしようと闇営業には当たりません。

芸人の闇営業批判の嵐は今も吹き荒れていますが、そもそも事務所と芸人の間の問題であって、我々がとやかく言う問題ではなさそうです。

後は所得を申告したかどうかが法的な問題点となりますが、それについては知る由もなく、脱税はまた別の問題となります。

ところで、楽しんご氏がブレイクをしたのは事務所の力が大きいでしょう。

その知名度を活用しての現在の仕事において、吉本興業に在籍しているメリットは少なくなっていたようにも見えます。

事務所を辞めたりクビにした芸人が生活するのは邪魔するのはどうかとも思います。

ですが、楽しんご氏の場合は、むしろ解き放たれたかのように社会を泳いでいくことになるのではないでしょうか。

楽しんご氏の今後のご活躍を祈ります。

にしても…宮迫氏たちへの批判って止まるところを知りませんね。

普通に考えれば、営業先が詐欺グループだなんてわかりっこない。

闇営業の責任自体は事務所との問題。

で、こんなに叩かれるのは個人的には理解しにくいのですが、それだけ彼らが世間から嫌われてたということなんでしょうか。

だけどねえ。良くない風潮を生む可能性もあるような気がします。

今回の詐欺グループでの宴会のスクープが何故発覚したか。ここからは私の妄想の物語となります。

数年前にキャッチしたスクープを今更記事にするのは不自然です。

その後逮捕され、出所後に苦境に陥った詐欺グループの人間が金に困って芸人たちを強請った。

しかし、芸人たちは屈しなかったので、その事実を週刊誌に売った。

詐欺グループは週刊誌から礼金を受け取った。

こんなところではないでしょうか。

数年前の情報を誰から得たのか。芸人からはあり得ない。とすると、詐欺グループ側からだと考えるのが自然だと思います。

そう考えると、大きな問題点があるようです。

まずは、この件が大きくなればなるほど、顔を売って商売をする芸能人を脅して金をせびる輩がのさばる風潮が生まれやしないかということです。

また、芸人たちは詐欺グループからギャラを受け取っていないと言っていますが、週刊誌側は詐欺グループに金を払ったのではないでしょうか。

週刊誌は詐欺グループから情報を提供してもらい、犯罪組織の恐喝行為に加担した上で、犯罪組織に礼金を支払った。

もしもそうだとすると、週刊誌側には社会正義もへったくれもない。

ただ販売部数を伸ばすために、スクープ記事が欲しかった。

情報提供者が誰であろうと、どのような目的であろうと関係ない。

だとするならば、吉本芸人たちよりもはるかにタチの悪い行動だと思います。

メディアとして社会正義を振りかざすフリをして、実際にやっていることは社会的には悪と言い切っても過言ではないでしょう。

しかしながら、それが事実かどうかは知る由がありません。

とはいえ、単なる底辺の妄想に過ぎないです。(笑)

だけどもしそうだとすると…。芸人たちを躍起になって叩くことは、詐欺グループの恐喝行為の片棒を担ぐようなものだということになりますよね。

底辺住男

馬鹿です。低学歴です。 社会の底辺ゆえに、不平不満を漏らすことで傷ついた自尊心を満たします。 腹が減ったら飯を喰らいます。 低知能ゆえに、本能に支配される低俗な動物です。 それでも死ぬまでのあいだは生きているようです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)