韓国が徴用工への賠償を求めていることに想ふ。

河野外相の発言に対し、賠償をすれば問題ないとの返答で。

先日、河野外相が徴用工問題に対する判決が下った韓国に対し、韓国政府に対処するように促す発言をしました。

これに対し、韓国外交部は「韓国の判決を履行すれば何の問題もない。」とのことで、要は賠償しろよって言ってますね。

韓国最高裁が下した、日本は徴用工への賠償をしろって判決に日本側が不満が大きいのは当然のことです。

しかしながら、賠償しろって言われること自体には多少なりとも正当性があるのかもしれません。

ですが、河野外相が何故に韓国政府に対処を求めたのか。

何故に日本側の不満が大きいのか。

韓国の裁判所も肝心のところに触れていないからです。

かつて、日本は韓国政府に対し、経済協力金という形で事実上の国家賠償を行いました。

韓国政府はそれを社会インフラの整備などに使いました。

そのことに対する言及が、裁判でもなされていないこと。

日本側の立場からすると、かつて多額の賠償を行ったのにそれを被害者たちに支払わなかったのは韓国政府であり、そのことについての説明もせずに反日感情を煽るような言動ばかり取っている。

本当に三権分立した国家ならば、裁判所がそのことについて政府の姿勢を改めるように促すべきだった。

そのうえで、個人の請求権は消えていないなどと言われるのであれば、個人的には理解も出来たのですが。

韓国がやるべきこと。

本来であれば、かつて被害者への支払いを約束した経済協力金を、豊かになった今支払えば良いでしょう。

それが現実的でないのならば、経済協力金をもらったこと、インフラ整備などに使い現在の豊かな国を作ったこと、それによって被害者も含めた全韓国国民が大きな恩恵を受けている事。

このような事を政府が国民に説明して、反日感情を治める努力をすべきです。

これをせずに日本は判決を履行せよなどと言うから日本でも反韓感情がわいてくる。

個人の請求権の前に、国家が行った賠償をひた隠しにしたことと、それに対する説明が行われていないこと。

そして、ただただ反日感情を煽り、なんでもかんでも日本のせいにし、一方的に日本を悪として謝罪と賠償を求める。

個人的には個人の請求権とやらには一定の理解があるつもりです。

それでも、その前に韓国はやるべきことがあるはずです。

河野外相の発言の裏にあるのはそういうことだと思うのですが。

やるべきことをやってくれよと。

もちろん、河野外相も、私も、そんなことを言っても無駄であることは承知なのでしょうが。

底辺住男

馬鹿です。低学歴です。 社会の底辺ゆえに、不平不満を漏らすことで傷ついた自尊心を満たします。 腹が減ったら飯を喰らいます。 低知能ゆえに、本能に支配される低俗な動物です。 それでも死ぬまでのあいだは生きているようです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)