G-PPD-001r ロジクールのゲーミングマウスを買ってみた。

今回はPUBGが下手なのをマウスのせいにしてみました。

自称世界一のドヘタレゲーマーの私は、ゲームが下手なのを道具のせいにしては、身分不相応なデバイスを購入してきました。

左手用キーパッドとか、安価なゲーミングヘッドセットとか、そこそこいいヘッドセットとか、マウスパッドとか、練習用のソフトとか。

相変わらずド下手くそなままではありますが、時には超絶珍プレーもかましますが、それでも道具購入のおかげもあってか、世界一のヘタレは脱したのではないかと思うんです。

それでも、下手さを道具のせいにするのは相変わらずです。

今回は、えっ!いまさら!なマウスです。

本来優先順位はもっと上かもしれませんが、実は今まで使っていた安物の中華製?マウスを気に入っていましたので。

それも買い替えれば上達に繋がるかもしれない。

PUBGに向くマウスってどんなだろうって考えた時に、軽さと精度が大事かなって思ってロジクールのG-PPD-001rを選びました。

他にも候補として考えたのはG402、G502も考えましたが、重さで脱落。

ボタンが多いことで、マウスにキーを振り分けて左手に楽をさせようと思っていたのもありますが、最近はTARTARUS V2にもすっかり慣れてきたので、ボタン数の多さより軽量で扱いやすいものをと考えを改めました。

ロジクール Logicool G402 ゲーミング マウス Ultra Fast FPS G402 e-sports(eスポーツ) ゲーミング(gaming)posted with カエレバ楽天市場AmazonYahooショッピング

個人的な理由があって、Razer DeathAdderやG403なども脱落です。(理由は後に記述)

RAZER 有線ゲーミング光学式マウス Razer DeathAdder Elite RZ01−02010100−R3A1posted with カエレバ楽天市場AmazonYahooショッピング

最終的にG-PPD-001rと高価なワイヤレスのG-PPD-002WLで迷い、安価かつ状態が良さそうな中古品がソフマップで売られてたのでG-PPD-002WLにしようと思ったのですが、タッチの差で他の人に買われてしまいました。

ロジクール(Logicool) G-PPD-002WL PRO Wireless Gaming Mouse ワイヤレスゲーミングマウス [LIGHTSPEEDワイヤレス] (GPPD002WL)posted with カエレバ楽天市場AmazonYahooショッピング

というわけで、ゲーミングキーパッドも、ヘッドセットも、マウスパッドまでも中古品で揃えてきた私が新品でマウスを買ってしまいました。

といっても、楽天で購入したのですが、令和記念?割引クーポンとポイントが16倍!!もついたので、実質的には中古並みの値段で買えました。

というわけで、底辺の安物買いの面目躍如です。

開封してみる。

中身はこんな感じ。

保証書が入っていて、他に目立つ物は真ん中のステッカーくらいでしょうか。

本体はこんな感じ。

左右対称でコンパクトです。

再度にボタンが2つある左側面。

右側面は当然ながら何もなし。

裏側です。

接地面がすごく小さいですね。コンパクトで軽量なことと合わせて軽やかに動きそうです。

センサーはロジクールご自慢の?HERO第二世代センサーだそうです。

よくわからんが高精度なんだと思っておきます。

ちなみにサイズはこんな感じ。

12cmくらいです。となりが今まで使っていた安物ゲーミングマウスです。

Razer DeathAdderやG403を考慮しなかった理由がこれです。

この安物中華製?マウスですが、写真でおわかりいただけると思うのですが、Razer DeathAdderそっくりです。

少なくとも形状はそうですが、そのうえでDeathAdderにはない左上のボタンが一個あることで凄く使い勝手が良かったです。

で、マウスなどにあまりこだわったことがない身の上としては、違ったタイプのモノを試してみたいということで、Razer DeathAdderやG403 を購入候補から除外しました。

中華製?安物マウスの性能については、とても使いやすかったですが、肝心のセンサーの精度などについては…よくわからんってことで。(笑)

この辺がドヘタレゲーマーたる所以です。


ケーブルの長さはたるみも考慮すると210cmくらいでしょうか。

スリーブ化などはされていない普通のケーブルです。

ちなみにUSBジャックの色は黒です。

RAZERが緑色であるように、ロジクールは水色なのかと思いましたが、考えてみるとUSB2.0なのに水色だと紛らわしいとのクレームが来そうです。

重量は87g…。

公称値の83gとはちょっと差がある…。

なんでだろ。ケーブルの重さが入っちゃう?のかな。

ちなみに中華製?マウスは100gピッタリでした。

箱を見る限り、G-PPD-001rで間違いなさそうですが。(rなしは1.7g重い。)


ロジクールゲーミングソフトウェア G HUB をインストールしてみる。

ゲーミングじゃないロジクール製品なら、もともと結構使ってます。

こんなのとか。

ロジクール k120 キーボードposted with カエレバ楽天市場AmazonYahooショッピング

こんなのも。

ロジクール MK245NBK(ソリッドブラック) ワイヤレスコンボ MK245 NANO 83キー日本語レイアウトposted with カエレバ楽天市場AmazonYahooショッピング

だけどこれらの製品はゲーミング用途品ではないので、キーの割り当てなどのカスタマイズの必要性もありませんのでソフトウェアも不要です。

というわけで、今回初めてロジクールのゲーミングデバイス用のソフトをインストールしてみます。

製品にはCDも何も付いていませんので、ロジクールのサイトからダウンロードします。

https://gaming.logicool.co.jp/ja-jp/products/gaming-mice/pro-hero.html

上記のロジクールG-PPD-001rのページの

この画面のG HUBを今すぐダウンロード から

https://support.logitech.com/en_us/software/lghub

OSを選択してダウンロードしましょう。

ダウンロードしたinstallerをクリックしてインストールします。

インストールをクリックでインストールします。

あっという間に完了しました。

インストールと起動をクリックで…。

このような画面に。

右をクリックでこのようなページに。

他のゲーマーが作成したライト効果とアニメーションをダウンロード。プロのプレーヤーのセットアップをチェックしましょう。彼らのデバイスを確認して、その設定をダウンロード。

そうなんだ。ヘタレゲーマーにはありがたいかも。

分析を有効化して、弊社によるユーザー体験の強化をご支援ください。

はいにしたった。(笑) ドヘタレゲーマーを含めるとユーザー体験の貧弱化になりはすまいか。(そんなことないか。)

下手くそすぎて藁にもすがりたいから、登録をしてプロファイルをダウンロード出来るようにしておくか。

デスクトップにショートカットアイコンが生成されました。

ショートカットクリックで G HUB が起ちあがりました。

G HUBを使ってマウスの設定をしてみる。

RGBの設定ももちろん出来ます。

ロジクールブルー?にしてみるか。

割り当てももちろん出来ます。

もちろん、DPIの設定も出来ます。

16000なんて設定もできますが、誰が使うのだろうか。不思議だ。

ロジクールゲームソフトウェアというのもあります。

G HUBとは別に、ロジクールゲームソフトウェアというのもあります。

https://support.logicool.co.jp/ja_jp/software/lgs

G HUBと同様に、OSを選択してダウンロード、インストールします。

デスクトップにショートカットは生成されませんが、Windows画面右下のタスクトレイから起動出来ます。

水色のGがゲームソフトウェアで、その右の黒いGがG HUBです。

実をいうと、こちらを先にインストールして設定に使いました。

その後、G HUBをインストールしたのですが、G HUBインスト後は、こちらが使えなくなってしまいました。

たぶんG HUBの方が新しいのでしょう。

ですが、個人的にはこちらの方が使いやすかったです。

また、G HUBにはないメリットとして、DPIの切り替えが画面の右下に表示されるというものがあります。

ただし、ゲームでは使えないようですが。

そういうわけで、個人的にはこちらを気に入ったので、いったんアンインストールして、再度こちらだけクリーンインストールしようかなとも考慮中です。

ちなみに二つのソフトは同調しています。

実際に使ってみる。

先述の通り、これまではDeathAdderに形状がよく似たマウスを使っていました。

いわゆるかぶせ持ちのスタイルでした。

で、こちらのG-PPD-001rなのですが、コンパクトな筐体なので自然と指が浮いてしまい、つかみ持ちのような形になってしまいます。

これは慣れが必要となりそうです。

また、安物中華製と比して、よく言えば細かいです。

普通にネットなどで使っていても細かいコントロールが求められるような感じがします。

400DPIくらいに設定していても、思ったところよりも行き過ぎたりズレてしまう感じがあります。

中華製は良く言えばラフで大雑把でも思うように動いてくれた感じです。

ここら辺は慣れだと思いますので、しばらく使い込んでみようと思います。

しかし、低DPIに設定しても、それ以上に高DPIに感じてしまうのはセンサー性能が良いからなのでしょうか。

ちょっとだけ戸惑いも感じます。

とりあえず、購入目的であるPUBGをやってみました。

設定は600DPIで切り替え無し。

サイドボタンにC、Z、ミドルクリックにG、DPIボタンにBを配置しました。

今までもゲーム中にDPIの切り替えをすることがなかったので。

この設定でゲーム数をそれなりにこなして慣れてはきましたが、マウスを変えたことによるメリットはまだ見えてきません。

それでも軽さは非常に感じます。

それから先述の持ち方のスタイルが変わったことが吉と出るか凶と出るか。

とりあえずは、買ったばかりですが大きな違和感なく使えていますので、もうしばらく様子を見ていきたいと思います。

まあマウスを買えたぐらいで、絶世のド下手くそが治れば世話ないですよね。

ロジクール G-PPD-001r PRO HERO ゲーミングマウス 6ボタンposted with カエレバ楽天市場AmazonYahooショッピング

底辺住男

馬鹿です。低学歴です。 社会の底辺ゆえに、不平不満を漏らすことで傷ついた自尊心を満たします。 腹が減ったら飯を喰らいます。 低知能ゆえに、本能に支配される低俗な動物です。 それでも死ぬまでのあいだは生きているようです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)