YOUTUBE保守系動画削除について想ふ。

わからなくもないんですよ。

YOUTUBEは、広告主が広告料を支払ってくれることによって成り立っている。

だから政治色の濃い動画は、広告主にとって困る。

これはわかるんです。ならば、そのような動画に対しては、広告をつけないようにすればよいと思うんです。

ニュースによるとそうではないらしく、削除がされているという。

であるならば、

YOUTUBEは政治主張そのものを禁止。エンターテインメントに使用に限る。

なんて枠組みを決めればよいでしょう。

現状のままだと、

特定の政治主張の禁止。言論の弾圧、封殺、誘導

という恐ろしいことになってしまいます。

右翼は駄目だけど左翼はオッケー、ではなく、両方ダメですよってことにすべきです。

グーグルアドセンスの規約

これも良くわかるんですよ。グーグルアドセンスって広告そのものですから。広告主がお金を出してくれているわけで、ブログの内容がなんでもありでは困る。それは当然のことです。ですのでブログの場合は、好き放題に書いて言論の自由を謳歌したければ、広告収入を得なければ良いだけの話です。

実はなんだかんだで私もグーグルアドセンスに応募し、返事待ちの身ですが。返事が少々遅めであることを考えれば、ちょっと厳しいのかもしれません。

ところでグーグルアドセンスの規約には、

あった事実をなかったと書くな。

てな感じの文言がありました。これって

な〇き〇だ〇ぎ〇く〇つ〇な〇った

て書いたらだめよってことでしょ。他に文言が思い浮かばない。先述の通り、これは言論弾圧には当たらないと思います。グーグルアドセンスに登録せずに、自由に書けばよいだけですから。

だけどYOUTUBEはどうかなあ。動画削除はやりすぎじゃないでしょうか。右翼の政治主張はアウトで左翼はオッケーって言うのなら、YOUTUBE利用禁止の国を自由がないなんて罵る権利はないですよね。

「YOUTUBEはエンターテインメントとコミュニケーションをみんなで楽しむ場所。ですから政治主張は全面禁止。やりたきゃよそでやってください」ってんならよくわかる。

結局この世は、でかい声で恥も知らずにゴネたもんが得をする社会。なのだろうか。ため息がでるわ。

 

底辺住男

馬鹿です。低学歴です。 社会の底辺ゆえに、不平不満を漏らすことで傷ついた自尊心を満たします。 腹が減ったら飯を喰らいます。 低知能ゆえに、本能に支配される低俗な動物です。 それでも死ぬまでのあいだは生きているようです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)