デスクトップPCに穴を開けてファンを増設してみる。

まずはバラシます。

準備段階はこちら。

8月18日(土曜日)、しばらく前から計画していた、PCに穴を開けてのファン増設を実行に移します。作業前はこんな感じです。

これをバラします。穴を開けた際に、鉄の屑やホコリがファンなどに付着するのが怖いので、すべてのパーツを外します。可能であればケースもバラしたかったのですが、出来ませんでした。

写真のようにすべて外しました。私はビビりなので、ケースに付属の端子類は、コンビニ袋で包んで保護しました。

バミる。

購入しておいた12cmケースファン用のフィルターを使って、バミります。きっちりと測ってやるべきだとは思いますが、粗雑な性格なもので、定規でだいたいの位置を測り、フィルターを貼り付けます。(このフィルターは磁石が付いています。)

オートポンチを使って、ドリルでネジ穴を開ける場所を凹ませました。本来は点を書いて、ピンポイントでやるべきなのでしょうが、先述の性格が災いし、フィルターを目安に適当にバミりました。

で、ポンチの跡を目安にして、ハサミで傷をつけるようにして、線を引きました。この線を目安に穴を開けていきます。万事がすごくアバウトなんですが大丈夫なんでしょうか。

ドリルで穴を開ける。

ついにこの時がやってきてしまいました。お気に入りのPCケースに穴を開けてしまいます。もう後戻りはできません。この日のために買ったドリルですが、安物です。付属品は、プラスドライバーだけ。ネジ穴用のドリルタップは別途購入しました。ドライバーとして使えることは、バラシ時に確認しました。


室内はちょっと怖かったので、外に移動します。このドリルはコンセントが必要です。

さて、穴が開くかどうか、試すために切り抜く予定の場所の真ん中あたりに穴を開けてみます。最初は表面で空転している感じ。やっぱだめかなとも思いましたが、軽く体重を乗せてみると、意外と簡単に穴が開きました。続いて一番太いタップを試したところ、スチールの表面を回転しながら滑って危なかったです。細いタップで穴を開けたあと、太いタップで穴を広げると良いのだと学習させていただきました。

練習も終わり、いざ本番です。ポンチで凹ませた場所に、0.8て書いてるタップで穴を開けました。0.7でもファン固定用のネジは入ったのですが、0.8の方が多少の誤差があっても大丈夫そうだっていうガサツな理由での選択です。ちなみに練習で開けた大きな穴は、後でハンドニブラを使ってくりぬいていくための穴にします。

二枚目の写真は、ケースの内側です。ドリルで穴を開けたあと、裏面をみると研磨の必要性を感じました。

ホームセンターに直行し、鉄工用ヤスリと、ついでにマスクを買ってきました。ドリルで穴を開ける際に、鉄粉が飛びそうだからマスクが必要だと思ったのですが、ニブラでは必要性を感じなかったので、買うタイミングが遅すぎでした。ヤスリが1700円くらいしましたので、手痛い追加投資です。これで総額一万円を余裕で超えてしまいました。(写真二枚目が初期投資分)

ハンドニブラでくり抜く。

生まれて初めてハンドニブラというものを使います。大丈夫なんでしょうか。

チカラが要りそう。長期戦になって手がズル剥けそうってことで軍手を使いました。

新聞を敷いて、室内でやりました。ドリルで開けた穴からスタートして、ちょっとずつ切り進んで行きます。バチンと一発で1mmずつです。1mmずつって言うと大変そうでゾッとしますが、やってみると案外らくちんでした。30分くらい?正確には計ってないですけど、そんなもんです。手にかかる負担も、軍手のおかげもあってか大したことはありませんでした。想像していたよりも、ずっと楽にガサツに進めた結果…

こんな感じ。まあ綺麗とは言えないですけど。試しにフィルターを付けてみると…

こんな感じ。フィルターがガサツな作業と性格を包み隠してくれました。感謝。

 

丁寧に掃除しました。

穴を開けた跡。くり抜いた跡。ヤスリを使って削りました。

鉄のクズ、チリ、ホコリ、全部怖いです。後でそれらがPCケース内で舞ってしまったら、マザーボードや電源でショートするんじゃね?と思い、丁寧に掃除しました。

さて。あとは元通りに組み上げるだけです。

ファンを増設する。

ファンに防振ワッシャーをかまします。ケースに最初から付いていたリアファンにも新たにかましてやります。

 

アイネックスの12cm薄型ファンを天板に取り付けました。薄型にした理由は、CPUクーラーと天井の隙間が狭いからです。CPUクーラーが、グラボと干渉しないようにと意識をしているのか、上にせりあがるような形をしているんです。PCケースの高さも、38cmと低いため、薄型でやむを得ないと思います。

大変残念に思うのは、二枚目の写真のように、「akasa」のロゴが目立つことです。ケースとお揃いの「CoolerMaster」のロゴが欲しくて、クーラーマスターの薄型ファンをamazonで注文したのですが、一か月半ほど待っても音沙汰がなかったため、諦めてアイネックスのものにしました。出費が半分ほどに減ったのでヨシと考えるようにします。残念ですが。

遂に完成! その効果のほどは?

遂に完成しました。適当な手抜き仕事の割には良い見た目です。普通に問題なくカッコいいです。しかし、カッコつけるために一万円を超える予算を投入して、穴を開けた訳ではありません。エアフローを改善し、冷却効果を高めるためです。

その前に、まずは設定です。マイクロATXマザーボードを使っているため、ファン用PINには限りがあります。ですので、増設したファンとリアファンを分岐ケーブルで繋いでまとめています。アイドル時には停止させるのもアリですが、今回は最低限で回すようにします。

下は840RPMくらいです。最低限で回したい。もっと回転数を下げたいのですが、これが下限のようです。これ以上回転数を下げようとすると停止してしまいます。そして気になるのは音です。やはり、穴を開けていますから、無音というわけにはいきません。ですが、個人的には気になる程の音ではありません。穴を開ける以前と、変わらないレベルです。普段はヘッドフォンをしていることがほとんどなので、そうすると聞こえないです。アイドル時は問題なしとします。

PUBGをプレイしてみました。時間とともに温度が上昇していきます。今までであれば、CPUが70℃前後、GPUは最高で80℃。ある程度の時間を経ると必ず80℃になりました。

結果は、CPUで62、3℃、GPUはMAX76℃でした。

GPUはマイナス4℃で間違いないかと思います。CPUは、推移などを見るに、10℃くらい落ちている印象です。マザーボードもそれくらいに感じます。筐体を触るとホカホカしてます。とはいえ、ホカホカ止まりです。以前のような激熱で心配になるような温度ではなくなりました。そのかわりに当然のことですが、PCの上部から熱風が吹き出るようになりました。これだけの熱を排出せずに溜め込んでいた訳ですからゾッとします。

で、その熱風の出口から爆音が聞こえるようになりました。(笑)

まあ、負荷がかかると全開で回るように設定してますし、全開で穴が開いていますから当然ですよね。ヘッドフォンをしてゲームをしていても聞こえる爆音でした。(笑)

それでも、PCの健康を優先したいです。もしかすると、また穴を開けるかもしれません。

今回、ファンを増設したことで、吸気ファンと排気ファンが二つずつになり、バランスがとれましたが、近々に吸気が一つ増える予定です。先述の薄型ファンは待ちきれずにキャンセルしてしまいましたが、もう一つのモノは待ちに待ってもう直ぐ到着予定です。届いたら、レビューしたいと思います。

届きました。こちらクリックです。

 

底辺住男

馬鹿です。低学歴です。 社会の底辺ゆえに、不平不満を漏らすことで傷ついた自尊心を満たします。 腹が減ったら飯を喰らいます。 低知能ゆえに、本能に支配される低俗な動物です。 それでも死ぬまでのあいだは生きているようです。

あわせて読みたい

3件のフィードバック

  1. PC好きの魔王 より:

    なるほど、確かにエアフロー改善のための穴あけはアリですよね。
    私も、サブ用途のDELL製PCの側面に穴あけ予定です。
    なんというか、貰い物の超小型PCなんですが、超小型が災いして、なんと排気が小さな3cmほどのCPUシロッコファン1個。
    CPUの熱を銅管で背面近くのヒートシンクまで導いて、それでヒートシンクの放熱およびケースの排気を一石二鳥で行い、
    負圧の自然吸気でケース内を涼しく保とうってコンセプト。
    超小型ゆえの妥協だと理解はできますが、これは3cmのファンじゃ無理が大きすぎです。おまけに窒息ケースですし。
    CPUだけはどうにか60℃程度でまあ一応良いとしても、
    3.5インチのHDDは平気で70℃に達しますし、友人がHDDが壊れたからって譲ってくれたのは、どう考えてもこの高温のせいでしょう。
    SSD化してみましたがそれでもSSDがアイドル時でも55℃超えます。私もSSDも寿命が縮みます。

    背面のシロッコファンはCPUに専念させ、両側面部に大穴開けて、
    吸気・排気ファン取り付けて横向きに通風させるという大改造を計画中です。

    • 底辺住男 より:

      コメントありがとうございます。
      大変そうですがその分やりがいもありそうですね。
      なんだかんだ言っても楽しくやれれば最高ですね。
      PCに愛着も湧きますし。

  1. 2018年9月15日

    […] それを克服するために、天板に穴を開けてファンを増設し、排気を高めました。こちらです。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)