ロッテ プチブッセ和栗のモンブラン を食べてみた。

食欲の秋を先取り新商品?

と思って買ったんですけどね。ネットで調べてみると、どうやらそうではなさそう。なんと発売日は2年も前。オーマイガー!です。どうしようか迷ったんですけど、ネタに困ってることだし、レビューしてみます。

パッケージはこんな感じ。プチブッセってシリーズ化されてて定番品なんですね。恥ずかしながら知りませんでした。そんな訳なので、プチブッセ初体験なんですよね。

8個入りです。一つ一つは小さいです。そりゃあ8個も入ってれば小さいか。チョコパイくらいの大きさを期待したのですが、178円で買っておいて、チョコパイサイズ8個を期待するとは、なんと浅ましいことか。我ながら、さすがの底辺っぷりです。

ちっこいです。やわらかい感じです。

私の指が写ることでサイズ感がわかりやすくなりますかね。

実食。

ふわっとやわらかい食感です。しかし、間にはクリームとともに板チョコが挟んであります。こちらはパリッとした食感です。クリームはマロン味。やわらかい食感にチョコのアクセント。栗の味がおいしいです。全体的にはふわふわで、チョコパイっぽさもあるような気がします。

ところがです。どうもこの商品は冷やして食べることも推奨されているようです。

試さないわけには参りません。

冷蔵庫で冷やすとひんやりです。おいしいですけど、特に変化を感じません。冷たくなっただけです。

ならばと冷凍してみます。充分に時間をかけて凍らせます。食べてみます。

うん。おいしいです。変化は大いにあります。ふわふわ食感がなくなり、ビスケットアイスサンドって感じになりました。これはまさしくアイスクリームです。凍った硬い食感に、間に挟んだクリームがアイスクリームと化します。板チョコはパリパリです。個人的には、凍らせてアイスのつもりで食べるのが一番だと思いました。

ふわふわした食感を楽しむならばそのままで。

硬めの食感でひんやりを楽しむならば凍らせて。

プチブッセシリーズは全部そうだろうと思いました。凍らせることを前提にするのなら、バニラ味が一番おいしいかもしれません。

底辺住男のおススメ度 ☆☆☆   おいしかったです。ごちそうさまでした。

 

 

底辺住男

馬鹿です。低学歴です。 社会の底辺ゆえに、不平不満を漏らすことで傷ついた自尊心を満たします。 腹が減ったら飯を喰らいます。 低知能ゆえに、本能に支配される低俗な動物です。 それでも死ぬまでのあいだは生きているようです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)