ボクシング連盟 山根会長に想ふ。

古き悪しき日本社会の縮図が見えたような気がした

「悪しき古き人間の時代じゃないので潔く去って下さい。」WBA世界ミドル級王者村田諒太選手の主張です。しかし見事ですね。悪人面に失言のデパート。でもって日大の客員教授ですか。澱んだ水に腐った魚が集まるかの如しですね。日大ってイメージ悪すぎるでしょ。大学教授からは学び取りたいのが普通ですが、この人からは何も学びたいと思わない。関わりたくないです。でも、昔から企業の創業者社長とか、団体のお偉いさんってこんな人ばっかだった気が...。こんな人間が上にいると自殺が多い社会になるのもわかる気がする。

失言なんてレベルじゃない 歩くパワハラマシーン

ボクシングの五輪金メダルってすごい価値があります。プロに転向すると鳴り物入りとなります。ゴールデンボーイことオスカー・デラホーヤなどは、金メダリストだったからこそスーパースターになれたのだと思います。村田選手は中量級です。世界中に最も選手が多いクラスです。その層の厚い激戦区で、五輪で金、プロでチャンプなのですから日本人としては前代未聞の実績をあげました。その村田氏に対し、「村田に実力はない。俺が獲らせてやったんだ。」恐れ入ります。半端ねえっす。他人を貶めて自分を高く見せようとする人は、そこらへんにもウジャウジャいます。特にいちゃラブ状態の新鮮なカップルによく見ます。ですが、ちょっとレベルが違います。金メダル手柄横取り。受け取り様によっては、審判を買収してやったと聞こえなくもありません。こんな下品な人が、ボクシング連盟会長にして日大の客員教授。世も末?いいえ昔からこうでしたよね。

子供「ママーこのお家おっきいね」

ママ「立派な人のおうちなの。おっきくなったらこんな立派な人になろうね。」

だいたい住んでる人は、ヤ〇ザみたいな人だったり。

教育現場って終わっているの?

学生にも深く関わるであろうアマチュアスポーツ連盟の会長があんな感じ。そういやレスリングでパワハラ云々も記憶に新しいところ。レスリングの監督さんは山根会長ほどずれた感覚は持っていなかったので世間にあわせて取り繕っていたが、個人的に気になったのは至学館大学の学長さんのほう。女性が社会で活躍しようと思うと、無理して肩ひじ張らないといけないのでしょうか。存在自体がパワハラに見えました。

「栄監督はパワハラできるような強い人間じゃない。弱い力のない人間にパワハラなんてできない。」

てなこと言ってませんでしたっけ。強烈だったな。栄氏のパワハラを否定しながら、自分がTVカメラの前で栄氏に対しパワハラしてるんだから。人を弱いって言ってる。しかも学長の立場で。ところで、教育者でありながら、大学のトップでありながら、立場が違えば違って見えるってことがわからないのかな。学長からみて非力に見えても、学生から見ると強大に見えるってわからないかな。わからないんだろうね。だからあんなにずれた記者会見やってるんだな。

立場が人間をつくる

山根会長にしても、至学館学長にしても、自尊心が肥大化しているように思えます。その原因は置かれた立場でしょう。地位が自尊心を肥大化させ、大きな世間ずれを生じさせたのでしょう。

私は思うのです。

高い地位につくことで尊大になる人は、その地位に相応しい器ではないと。

山根氏はコワモテですが小さな人かもしれません。なぜなら人を利用して自分を高く見せるってのは小さい人間しかやりませんから。

底辺住男

馬鹿です。低学歴です。 社会の底辺ゆえに、不平不満を漏らすことで傷ついた自尊心を満たします。 腹が減ったら飯を喰らいます。 低知能ゆえに、本能に支配される低俗な動物です。 それでも死ぬまでのあいだは生きているようです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)