eスポーツに想ふ。

ゲームがスポーツってどうよ?

本日夕方のNHKニュースでも取り上げられたeスポーツ。恥ずかしながら、ごく最近まで知りませんでした。プロゲーマーが大金稼いで、若者の憧れで~くらいは知っていましたが、まさかスポーツ扱いで五輪種目になるかもしれないなんて...。ちな私、PUBGくらいはやるんですよ。でもね、それがスポーツだって言われると、五輪種目になるかもなんて言われると違和感しかありません。ゲーマーのみなさんは、スポーツだと思ってゲームやってます?自分のことをアスリートだと思ってます?

「野球のようなデブでもできる競技はスポーツじゃない」

この意見すごく目にしますよね? ネット上でサカ豚、やき豚なんて言って罵りあってると必ず出てくるフレーズです。なのにゲームがスポーツなの?

IOCって腐ってない?

かつてオリンピックといえばアマチュアスポーツの祭典でした。アマチュア憲章にのっとってプロは排除して行われていました。ミスターアマチュア野球こと杉浦正則投手のように、五輪の金メダルを目指すために、NPBだけでなく、メジャーからの誘いをも断り、アマチュアにこだわった野球選手もいました。それが今ではどうでしょう。著名なプロ選手を誘い、サッカーなどは優秀な選手を五輪に出したくない欧州のクラブチームと綱引きをしています。IOCの本音は、メッシやロナウドに出て欲しいってことでしょう。視聴率を上げ、五輪の価値を上げ、収益を増やしたいのでしょう。非常に厚かましい考えだと思います。プロに出てもらい、収益をあげたいのであれば、ギャランティを支払うべきではないでしょうか。IOCの本音は、「ギャラを払わないといけないのならば結構です。五輪のメダルという価値で満足してください。」ってとこじゃないですかね。かつてアマチュアにこだわって五輪のメダルの価値をたかめたのは、今日における金儲けのためだったのでしょうか。

そういえば、現在渦中の人、ボクシングの山根会長がおっしゃってましたね。

「わしのおかげで村田は金をとれた。清水の判定が覆ったのもわしのおかげだ。」

それって腐敗の告発ですよね。腐敗してるから鶴の一声で勝敗も覆せるってカミングアウトですよね。

もしかすると五輪の内情は山根会長みたいな人だらけなんですかね。

大阪五輪招致もひどかった?

聞くところによると、IOCの五輪開催候補地の視察団ってのがハイエナの集団のようで。視察と称して家族でショッピング。高価な商品を見ては、あれ買ってこれ買ってとねだる。子供にもオモチャやゲームをねだらせる。で、帰りの空港で見送る際に、常識的な範囲でのお土産を渡すと「たったこれだけ?」てな調子。どうやら事実のようなので、腐敗もここまで進むと清々しいですね。本来、TVなどで稼げるコンテンツを制作するには相応の資金が必要でしょう。五輪というコンテンツ制作には、想像を絶する多額の資金が必要です。が、IOCはいかほど投資しているのでしょう。いかほどの収益を上げているのでしょう。

ハイエナは鼻が利く

血の匂いではなく、金の匂いに敏感なのでしょう。TVゲームというコンテンツが金になると思ったのでしょう。たったそれだけの理由でハイエナどもはTVゲームをスポーツに認定したいのでしょう。

私は思います。

五輪は必要だし、アスリートには敬意をもつ。

しかし、IOCなど支持した覚えもないし、必要性も感じない。

いらないでしょ。IOCでなきゃって言うなら、水を流すこと。流れない水は澱むから。

こちらもどうぞ。

 

底辺住男

馬鹿です。低学歴です。 社会の底辺ゆえに、不平不満を漏らすことで傷ついた自尊心を満たします。 腹が減ったら飯を喰らいます。 低知能ゆえに、本能に支配される低俗な動物です。 それでも死ぬまでのあいだは生きているようです。

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2018年9月6日

    […] こちらもどうぞ。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)