我想ふ、故に我あり。

吾輩は中卒である。社会の底辺に漂う男である。

嫁に逃げられ、バツイチである。幸か不幸か子はいない。

 

主観は人それぞれ。人の数だけ立場があり、人の数だけ見える景色も違います。私のような社会の底辺からの目線は報道などで触れられることはありません。報道に携わる人々は、私などからみれば全員がエリートであり、視点も高いところにあります。私のような地べたを這いつくばる目線もたまには有意義なのではないでしょうか。一つの物事を見るに最善の方法は様々な角度から見ることでしょうから。

ネット社会はメリットもデメリットも両方の要素を多く含んでいます。私のような、本来情報を発信することが叶わない人間もそれが出来るようになりました。その是非は私などにはわかりませんが、与えられた機会は利用してみようと思います。

他人のもつ自分とは違う価値観に触れるということは、時として非常に不快なものです。ましてや、私のような底辺臭の漂う思考に触れる当ブログは、閲覧注意扱いででよろしいかと存じます。

おかしな思想にあてられぬよう、自我をしっかりともって、決して悪影響を受けたりしないように注意して読んでいただければと思います。そうすれば、社会の底辺に生き、自尊心が傷ついた人間が、どのような思考をもって、どのように生きているのか知る教材となるかも知れません。

とはいえ、こんな胸糞ブログに迷い込み、読んでみようと思われる方は滅多にいらっしゃらないであろうと思いますが。

底辺住男

馬鹿です。低学歴です。 社会の底辺ゆえに、不平不満を漏らすことで傷ついた自尊心を満たします。 腹が減ったら飯を喰らいます。 低知能ゆえに、本能に支配される低俗な動物です。 それでも死ぬまでのあいだは生きているようです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)